□ソフトバンクグループ(SBG)が(2019年11月)6日発表した2019年7~9月期の連結決算(国際会計基準)は最終損益は7001億円の赤字(前年同期が5264億円の黒字)に転落した。
□配車サービスの米ウーバーテクノロジーズなど出資先企業で株安が進行。シェアオフィス「ウィーワーク」を運営する、出資先の米ウィーカンパニーでも企業価値が低下傾向にあり、主力のファンド事業で多額の損失が発生した。

□同損失額は9702億円と前年同期(3924億円の黒字)から大幅に悪化した。

□4~9月期の純利益は50%減の4215億円だった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51858670W9A101C1MM8000/?n_cid=SPTMG053

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL07H2E_X01C19A1000000/